第25回

国際博物館会議京都大会

2019年9月1-7日

プログラム日程表

ICOM規約に基づく会議
開会式/閉会式
基調講演
プレナリー・セッション
国際委員会等の委員会セッション/会議
パネルディスカッション
ワークショップ
ネットワーキング・セッション
ソーシャル・イベント
エクスカーション

:ICOM会員のみ:ICOM各委員長等のみ

時間   イベント名 条件 同時通訳
9:30-12:00   第85回 ICOM諮問協議会会議

ICOM規約に基づく会議
第85回ICOM諮問協議会会議

日 時:9月1日(日) 9:30-12:00
会 場:メインホール(1階)
概 要:諮問協議会を構成する各国内・国際委員会委員長、地域連盟、加盟組織の役員が京都に集い、ICOMの方針、プログラム、手続き、財務について協議します。

英・仏・西・日
12:00-13:30   昼食    
13:30-15:00   第85回 ICOM諮問協議会会議

ICOM規約に基づく会議
第85回ICOM諮問協議会会議

日 時:9月1日(日) 13:30-15:00
会 場:メインホール(1階)
概 要:諮問協議会を構成する各国内・国際委員会委員長、地域連盟、加盟組織の役員が京都に集い、ICOMの方針、プログラム、手続き、財務について協議します。

英・仏・西・日
15:00-15:30   休憩    
15:30-17:30   国内委員会委員長会議

ICOM規約に基づく会議
国内・国際委員会委員長会議

日 時:9月1日(日) 15:30-17:30
会 場:Room A(2階)
概 要:各ICOM国内・国際委員会委員長が一堂に会して委員会の関連事項を協議します。

英・仏・西・日
    国際委員会委員長会議

ICOM規約に基づく会議
国内・国際委員会委員長会議

日 時:9月1日(日) 15:30-17:30
会 場:Room B-1(2階)
概 要:各ICOM国内・国際委員会委員長が一堂に会して委員会の関連事項を協議します。

英・仏・西・日
18:00-20:00   各国際委員会役員会    
時間   イベント名 条件 同時通訳
9:30-10:55   開会式

日 時:9月2日(月) 9:30-10:55
会 場:メインホール(1階)(中継:さくら/Room A/Room E)

  英・仏・西・日
10:55-11:25   基調講演:隈研吾氏

基調講演
隈 研吾氏

日 時:9月2日(月) 10:55-11:25
会 場:メインホール(1階)(中継:さくら/Room A/Room E)
概 要:日本が誇る世界的建築家です。1990年に隈研吾建築都市設計事務所を設立し、2016年には「持続可能な建築」世界賞 を受賞しました。近作に浅草文化観光センターやV&A Dundeeなどがあり、その土地の環境・文化に溶け込む建築が高く評価されています。

詳細

  英・仏・西・日
11:20-11:45   休憩    
11:45-13:15   プレナリー・セッション:博物館による持続可能な未来の共創

プレナリー・セッション
博物館による持続可能な未来の共創

日 時:9月2日(月) 11:45-13:15
会 場:メインホール(1階)(中継:さくら/Room A/Room E)
概 要:博物館は世界のあらゆる地域で幅広いネットワークを構成し、長期的な環境保護、社会正義、そして対等な経済交流において中心的な役割を果たすのに適しています。そのため環境、社会、経済の面で多くの利益をもたらす可能性を有しています。本セッションでは、未曽有の課題に直面する社会を支えてゆくために博物館が取るべき様々な革新的戦略について検討します。

  英・仏・西・日
    ワークショップ:出版・執筆

ワークショップ
出版・執筆に向けて:著作を学術専門誌に掲載してもらうために

日 時:9月2日(月) 11:45-13:15
会 場:Room H(1階)
概 要:このワークショップの目的は、博物館の専門家や研究者がどのようにすれば研究内容が採用され、学術専門誌や専門書に論文が掲載されるか学ぶことを目的とします。また、オープンアクセス方針、著作権管理、出版倫理の観点から、現在の学術出版事情を概観します。

 
12:30-18:00   展示会(ミュージアム・フェア)

ミュージアム・フェア(展示会)

日 時:9月2日(月) 12:30-18:00
会 場:イベントホール/ニューホール/アネックスホール
概 要:3日間にわたり、ミュージアムや文化に関わる多彩な企業・団体が、およそ200ブースを出展します。パフォーマンスやワークショップ、セミナーも行われます。

   
13:15-14:30   昼食    
13:30-14:30   ICOM新会員セッション

ICOMネットワーキング・セッション
ICOM新規会員セッション

日 時:9月2日(月) 13:30-14:30
会 場:Room I(2階)
概 要:ICOMの新会員を対象に、ICOMの組織、ミッション、活動について説明します。

 
14:30-16:00   各国際委員会等のセッション

各国際委員会等のセッション

日 時:9月2日(月) 14:30-16:00
会 場:国立京都国際会館&稲盛記念会館
概 要:ICOMの国際・国内委員会、地域連盟、加盟機関が個別に集い、セッションを行います。

  英・日 (一部)
    ワークショップ:博物館による持続可能な未来の共創

ワークショップ
博物館による持続可能な未来の共創

日 時:9月2日(月) 14:30-16:00
会 場:Room E(1階)
概 要:“未来を創るミュージアム“と題して博物館関係者に向けたマニフェストを作成、持続可能な発展と地球規模での幸福を実現するために博物館がどのように貢献できるのかを考えます。

   
    パネルディスカッション:デコロナイゼーションと返還1

パネルディスカッション
デコロナイゼーションと返還:より全体論的な視点と関係性アプローチへの移行

日 時:9月2日(月) 14:30-16:00
会 場:メインホール(1階)
概 要:返還の問題も含め、脱植民地化についての全体論的視点を養うことを目指します。本セッションでは、こうした問題に対するこれまでの見方や考え方を振り返り、従来のものとは異なる視点を新たに探るとともに、創造的な問題解決のための手法や、紛争解決に向けた新たなアプローチを提示します。また、この2回のセッションを機に、利害を共にする共同体間の関係構築を支援し、知見の共有を進めてゆく上で、国際的ネットワークとしてのICOMが果たすべき役割について、理解を深めます。

  英・仏・西・日
16:00-16:30   休憩    
16:30-18:00   各国際委員会等のセッション

各国際委員会等のセッション

日 時:9月2日(月) 16:30-18:00
会 場:国立京都国際会館&稲盛記念会館
概 要:ICOMの国際・国内委員会、地域連盟、加盟機関が個別に集い、セッションを行います。

  英・日 (一部)
    パネルディスカッション:デコロナイゼーションと返還2

パネルディスカッション
デコロナイゼーションと返還:より全体論的な視点と関係性アプローチへの移行

日 時:9月2日(月) 16:30-18:00
会 場:メインホール(1階)
概 要:返還の問題も含め、脱植民地化についての全体論的視点を養うことを目指します。本セッションでは、こうした問題に対するこれまでの見方や考え方を振り返り、従来のものとは異なる視点を新たに探るとともに、創造的な問題解決のための手法や、紛争解決に向けた新たなアプローチを提示します。また、この2回のセッションを機に、利害を共にする共同体間の関係構築を支援し、知見の共有を進めてゆく上で、国際的ネットワークとしてのICOMが果たすべき役割について、理解を深めます。

  英・仏・西・日
18:30-20:30   開会パーティー@国立京都国際会館

式典
第25回ICOM京都大会開会パーティー

日 時:9月2日(月) 18:30-20:30
会 場:メインホール/スワン/庭園
概 要:国際会館庭園にて、参加者との交流、日本の伝統文化などを盛り込んだプログラムを開催します。

   
時間   イベント名 条件 同時通訳
9:00-18:00   展示会(ミュージアム・フェア)

ミュージアム・フェア(展示会)

日 時:9月3日(火) 9:00-18:00
会 場:イベントホール/ニューホール/アネックスホール
概 要:3日間にわたり、ミュージアムや文化に関わる多彩な企業・団体が、およそ200ブースを出展します。パフォーマンスやワークショップ、セミナーも行われます。

   
9:00-10:00   基調講演:セバスチャン サルガド氏

基調講演
セバスチャン・サルガド氏

日 時:9月3日(火) 9:00-10:00
会 場:メインホール(1階)(中継:さくら)
概 要:「神の眼」を持つと称される報道写真家です。紛争、移民や難民問題に取組み、近年は大自然の保全に尽力する環境活動家として活躍しています。

詳細

  英・仏・西・日
10:00-10:30   休憩    
10:30-12:00   プレナリー・セッション:ICOM博物館定義の再考

プレナリー・セッション
ICOM博物館定義の再考

日 時:9月3日(火) 10:30-12:00
会 場:メインホール(1階)(中継:さくら)
概 要:近年、博物館の目的、方針、活動は、時代に合わせて変化し再編されてきました。そのため、ICOMの博物館定義ではもはや、博物館の抱える課題や多様なビジョン、責任を十分伝えることができなくなっています。本セッションでは、博物館定義が変わる必要性や、新たな定義に向けた可能性を、有識者を交えて議論します。

  英・仏・西・日
    ワークショップ:デジタル・コミュニケーション

ワークショップ
スマートなデジタルコミュニケーションのために:
コミュニケーションデザインとパートナーシップの構築・運用

日 時:9月3日(火) 10:30-12:00
会 場:Room D(1階)
概 要:このワークショップでは、効果的なデジタル戦略を策定・運用し、パートナーとの協力体制を構築するための基本要件とツールを提供します。とりわけ、最も高い効果を出しつつ、いかに業務の効率化を図るかという、スマートなコミュニケーションに焦点をあてます。

 
12:00-13:30   昼食    
12:30-13:30   ICOMメンタリング・セッション

ネットワーキング・セッション
プロの経験から学ぼう!ICOMメンタリングセッション

日 時:9月3日(火) 12:30-13:30
会 場:Room A(2階)
概 要:若手ICOM会員、京都大会およびゲティ国際プログラムの助成金受領者、会議参加者の希望者を対象に、ランチタイムを利用して、各自が選んだ博物館の主要専門業務について新たな視点から理解を深めることを目指します。世界中の博物館から選ばれた、保存・教育・マネジメント・コミュニケーション・マーケティング分野の専門家、そしてキュレーターであるメンターたちが、テーマ別に設けられた5つのテーブルでこれまでに培った豊富な経験について語ります。

 
    ワークショップ:会員データベース(国内委員会)

ワークショップ
ICOM委員会管理者のための会員データベースの活用

日 時:9月3日(火) 12:30-13:30
会 場:Room 665(6階)
概 要:国内委員会事務局の日々の管理業務を支援するためのICOMデータベース(IRIS)の機能について解説し、実際の事例について検討を行います。

 
13:30-16:00   各国際委員会等のセッション

各国際委員会等のセッション

日 時:9月3日(火) 13:30-16:00
会 場:国立京都国際会館&稲盛記念会館
概 要:ICOMの国際・国内委員会、地域連盟、加盟機関が個別に集い、セッションを行います。

  英・日 (一部)
13:30-14:30   ICOMメモリアル・レクチャー スティーブン E. ワイル

ICOMメモリアル・レクチャー スティーブン E. ワイル

日 時:9月3日(火) 13:30-14:30
会 場:Room C-2(1階)
概 要:スティーブン E. ワイル(Stephen E. Weil)(アメリカ) 博士の業績を記念して設けられたセッションです。博物館倫理と社会的機能および博物館専門職の今後の展望をめぐる昨今の議論について、理論と実践面から検討します。

  英・仏・西・日
14:30-16:00   ワークショップ:博物館定義の再考ラウンドテーブル1

ワークショップ
博物館定義の再考ラウンドテーブル

日 時:9月3日(火) 14:30-16:00
会 場:さくら(1階)
概 要:博物館の定義・展望・可能性常設委員会(MDPP)の司会で、現代社会が抱える課題を反映した新たな博物館定義の必要性を話し合い、とりわけ新たな定義がどのように博物館の役割を強化し、支え、指針となっていくのかを考えます。

   
    大会決議オープン・フォーラム

ICOM規約に基づく会議
オープン・フォーラム

日 時:9月3日(火) 14:30-16:00
会 場:メインホール(1階)
概 要:ICOM会員が一堂に会し、世界中の博物館が直面する課題に対する意見を集約した決議案を議論します。その決議案は9月7日のICOM総会で投票、採択可否が議決されます。

  英・仏・西・日
16:00-16:30   休憩    
16:30-18:00   各国際委員会等のセッション

各国際委員会等のセッション

日 時:9月3日(火) 16:30-18:00
会 場:国立京都国際会館&稲盛記念会館
概 要:ICOMの国際・国内委員会、地域連盟、加盟機関が個別に集い、セッションを行います。

  英・日 (一部)
    ワークショップ:博物館定義の再考ラウンドテーブル2

ワークショップ
博物館定義の再考ラウンドテーブル

日 時:9月3日(火) 16:30-18:00
会 場:さくら(1階)
概 要:博物館の定義・展望・可能性常設委員会(MDPP)の司会で、現代社会が抱える課題を反映した新たな博物館定義の必要性を話し合い、とりわけ新たな定義がどのように博物館の役割を強化し、支え、指針となっていくのかを考えます。

   
19:00-21:00   ソーシャル・イベント @二条城

ソーシャルイベント
二条城

日 時:9月3日(火) 19:00-21:00
会 場:二条城
概 要:ユネスコ世界遺産の二条城がレセプション会場になります。国宝・二の丸御殿を夜間特別公開します。会期中は障壁画(重要文化財)の公開や現代アートのイベントも開催されます。

   
19:00-21:00   ソーシャル・イベント:能・狂言@金剛能楽堂

ソーシャル・イベント:能・狂言@金剛能楽堂

日 時:2019年9月3日(火) 19:00開演(終演予定 21:00頃)
会 場:金剛能楽堂(京都市上京区烏丸通中立売上ル)
概 要:9月3日と4日に、ICOM京都大会参加者向けに日本の伝統芸能である能楽(能、狂言)を金剛能楽堂及び京都観世会館で開催します。能楽は室町時代(14~16世紀)からほとんど変わらない衣装とセリフで演技することから、現存する世界最古の舞台芸術と形容され、ユネスコの無形文化遺産にも登録されています。今回は初めて鑑賞する方にもわかりやすい演目を英語解説付きで行います。

   
時間   イベント名 条件 同時通訳
9:00-18:00   展示会(ミュージアム・フェア)

ミュージアム・フェア(展示会)

日 時:9月4日(水) 9:00-18:00
会 場:イベントホール/ニューホール/アネックスホール
概 要:3日間にわたり、ミュージアムや文化に関わる多彩な企業・団体が、およそ200ブースが出展します。パフォーマンスやワークショップ、セミナーも行われます。

   
9:00-10:15   プレナリー・セッション:被災時の博物館

プレナリー・セッション
被災時の博物館

日 時:9月4日(水) 9:00-10:15
会 場:メインホール(1階)(中継:さくら)
概 要:大規模災害発生時、博物館には効率的・意識的かつ迅速に行動することが求められます。また人命と文化遺産を守るためには、対応策の分析と備えが不可欠です。本セッションでは各地で起こる災害にミュージアムはいかに対応すべきか、災害リスクの回避や、発生後の適切な対処について、日本をはじめ世界の事例をもとに議論します。

  英・仏・西・日
10:15-10:30   休憩    
10:30-11:00   基調講演:蔡國強氏

基調講演
蔡 國強氏

日 時:9月4日(水) 10:30-11:00
会 場:メインホール(1階)(中継:さくら)
概 要:中国を代表する現代美術家です。作品は描画、インスタレーション、ビデオ、パフォーマンスと多岐に渡るメディアを組み合わせており、とりわけ火薬を爆発させて絵画を描くという画期的な作品制作で有名です。文化と歴史を背景とした作品には、鑑賞者をその周りの広汎な宇宙へと誘い人類や自然の根源にまで迫る本質的な問いが含まれています。

詳細

  英・仏・西・日
11:00-12:15   プレナリー・セッション:世界のアジア美術とミュージアム

プレナリー・セッション
世界の中のアジア美術と博物館

日 時:9月4日(水) 11:00-12:15
会 場:メインホール(1階)(中継:さくら)
概 要:アジア諸国のICOM会員が増える中、ICOM京都大会はアジア美術と博物館の意義を考える理想的な場です。本セッションでは、アジア美術を扱う博物館とその美術品がどのようにその土地や外国からの鑑賞者との結びつきを深めるか、また世界中の博物館が足並みを揃えることにより、どのようなメリットを享受できるかを検討します。また、近年世界中の博物館でアジア美術への理解を深めようとする動きが進められていることから、アジア美術に関する事例を取り上げ、こうした動きについて考察します。

  英・仏・西・日
12:15-13:30   昼食    
12:30-13:30   ICOMメンタリング・セッション

ネットワーキング・セッション
プロの経験から学ぼう!
ICOMメンタリングセッション

日 時:9月4日(水) 12:30-13:30
会 場:Room A(2階)
概 要:若手ICOM会員、京都大会およびゲティ国際プログラムの助成金受領者、会議参加者の希望者を対象に、ランチタイムを利用して、各自が選んだ博物館の主要専門業務について新たな視点から理解を深めることを目指します。世界中の博物館から選ばれた、保存・教育・マネジメント・コミュニケーション・マーケティング分野の専門家、そしてキュレーターであるメンターたちが、テーマ別に設けられた5つのテーブルでこれまでに培った豊富な経験について語ります。

 
    ワークショップ:会員データベース(国際委員会)

ワークショップ
ICOM委員会管理者のための会員データベースの活用

日 時:9月4日(水) 12:30-13:30
会 場:Room 676(6階)
概 要:国際委員会の事務局の日々の管理業務を支援するためのICOMデータベース(IRIS)の機能について解説し、実際の事例について検討を行います。

 
13:30-16:00   各国際委員会等のセッション

各国際委員会等のセッション

日 時:9月4日(水) 13:30-16:00
会 場:国立京都国際会館&稲盛記念会館
概 要:ICOMの国際・国内委員会、地域連盟、加盟機関が個別に集い、セッションを行います。

  英・日 (一部)
14:30-16:00   パネルディスカッション:マンガ展の可能性と不可能性

パネルディスカッション
マンガ展の可能性と不可能性:英韓日の比較から

日 時:9月4日(水) 14:30-16:00
会 場:メインホール(1階)
概 要:過去に英国、韓国、日本で開催されたマンガ展を比較しながら、「マンガ(原画)を展示する」という考え方を様々な視点から掘り下げます。マンガ展の実施について話し合うことにより、「デジタルとアナログ」、「ポップカルチャーとファインアート」、「文化と産業」という対立する概念も含め、博物館が直面する課題を浮き彫りにします。

  英・仏・西・日
16:00-16:30   休憩    
16:30-18:00   各国際委員会等のセッション

各国際委員会等のセッション

日 時:9月4日(水) 16:30-18:00
会 場:国立京都国際会館&稲盛記念会館
概 要:ICOMの国際・国内委員会、地域連盟、加盟機関が個別に集い、セッションを行います。

  英・日 (一部)
    パネルディスカッション:博物館と地域発展

パネルディスカッション
博物館と地域発展

日 時:9月4日(水) 16:30-18:00
会 場:メインホール(1階)
概 要:ICOMとOECDによる共同セッションで、博物館、地方自治体、ならびに各国の地方・地域自治体の代表者が集い、博物館・コミュニティ・地方自治体の関係について様々な角度から検討します。また、地域の持続可能な発展に向けた政策を実現するために不可欠である、より強固な政策と実行計画について討議します。

  英・仏・西・日
18:15-20:40   ICOM×ペチャクチャナイト京都
テーマ:コミュニティとミュージアム

ICOM×ペチャクチャナイト京都@京都学・歴彩館
コミュニティとミュージアム

日 時:9月4日(水) 18:15-20:40
会 場:京都府立京都学・歴彩館
概 要:PechaKucha Night(ペチャクチャナイト)は、若手による20スライドx20秒のプレゼンテーションです。ICOMとペチャクチャ京都のコラボで実現しました。「ミュージアムと地域との関わり」をテーマに開催します。

   
18:00-21:00   ソーシャル・イベント @北山エリア

ソーシャルイベント
北山エリア

日 時:9月4日(水) 18:00-21:00
会 場:北山エリア
概 要:府立植物園のナイトツアーや希少種植物展、京都学・歴彩館での国宝・東寺百合文書特別公開を実施予定です。

   
19:00-21:00   ソーシャル・イベント:能・狂言@京都観世会館

ソーシャル・イベント:能・狂言@京都観世会館

日 時:2019年9月4日(水) 19:00開演(終演予定 21:00頃)
会 場:京都観世会館(京都市左京区岡崎円勝寺町44)
概 要:9月3日と4日に、ICOM京都大会参加者向けに日本の伝統芸能である能楽(能、狂言)を金剛能楽堂及び京都観世会館で開催します。能楽は室町時代(14~16世紀)からほとんど変わらない衣装とセリフで演技することから、現存する世界最古の舞台芸術と形容され、ユネスコの無形文化遺産にも登録されています。今回は初めて鑑賞する方にもわかりやすい演目を英語解説付きで行います。

   
時間   イベント名 条件 同時通訳
9:00-18:00   各国際委員会のオフサイト・ミーティング

ICOM委員会オフサイトミーティング

日 時:9月5日(木) 9:00-18:00
概 要:メイン会場を離れて、各国際委員会がミュージアムや文化施設を訪れて見学やミーティングを実施します。

詳細

  英・日 (一部)
19:00-21:00   ソーシャル・イベント @岡崎エリア

ソーシャルイベント
岡崎エリア

日 時:9月5日(木) 19:00-21:00
会 場:岡崎エリア
概 要:京都国立近代美術館でのレセプション、平安神宮での雅楽、京都伝統産業ふれあい館での職人実演、岡崎エリアの美術館・博物館・動物園の夜間開館などが予定されています。

   
時間   イベント名 条件 同時通訳
9:00-18:00   エクスカーション

エクスカーション

日 時:9月6日(金) 9:00-18:00
概 要:大会の伝統であるエクスカーションの日です。京都市、京都府、関西エリアの魅力ある約40のICOM専用ツアーが企画されています。

詳細

   
時間   イベント名 条件 同時通訳
9:30-10:30   臨時総会

臨時総会

日 時:9月7日(土) 9:30-10:30
会 場:メインホール(1階)

英・仏・西・日
10:30-11:00   休憩    
11:00-13:30   第34回 ICOM総会

ICOM規約に基づく会議
第34回総会

日 時:9月7日(土) 11:00-13:30
会 場:メインホール(1階)
概 要:ICOMの代表者が集まる意思決定機関で、投票により年次報告書と財務諸表の採否を決定します。

英・仏・西・日
13:30-14:45   昼食    
14:45-16:00   第86回 ICOM諮問協議会会議

定例会議
第86回ICOM諮問協議会会議

日 時:9月7日(土) 14:45-16:00
会 場:メインホール(1階)
概 要:諮問協議会を構成する各国内・国際委員会委員長、地域連盟、加盟機関が集い、ICOMの方針、プログラム、手続き、財務について協議します。

英・仏・西・日
17:30-21:00   夜間特別開館 @京都国立博物館

夜間特別開館 @京都国立博物館

日 時:9月7日(土) 17:30-21:00
会 場:京都国立博物館

   
19:00-21:00   閉会パーティ @京都国立博物館

閉会パーティ @京都国立博物館

日 時:9月7日(土) 19:00-21:00
会 場:京都国立博物館

   
19:15-20:00   閉会式 @京都国立博物館

閉会式 @京都国立博物館

日 時:9月7日(土) 19:15-20:00
会 場:京都国立博物館

  英・仏・西・日